最新の検査で精子の「受精させる能力」がわかる。

精子機能検査では、マウスから取り出した卵子に男性の精子を顕微授精して、受精が促されるかどうかを観察する。

胚の発生の初期には,「前核」という状態が形成される。

これは、オスとメス、それぞれの遺伝情報が引き継がれて受精卵になろうとする状態で、哺乳類に共通のメカニズムである。

また、この数時間後には、不要になったDNAを放出する第2極体放出が起こるのも共通である。

精子機能検査では、この種を超えたメカニズムを利用して精子の受精能力を調ぺるのだ。

ヴィトックスαの服用などで精子に受精能力があれば、前核という状態になり、第2極体放出も確認できる。

また、この他の精子機能検査として、「精子のDNAの断片化率」も検査する。

これは, DNAが損傷した精子がどれくらいあるかを調べるもので僕らは1万を目安にその割合を出している。

この検査の結果、加齢によっても精子機能が変わらない人と、低下する人のふたつのパターンに分かれた。

後者のタイプでは、精子機能の低下が見え始める年齢は「35歳」であった。

精子機能検査はマウスを用いることから「MOAT (Mouse Oocyte ActivationTest)」とも呼ぶ。

マウスとヒトの受精、というとギョッとするかもしれないが種を超えた発生のメカニズムはここでストップ。

細胞分裂して成長することはないから安心してほしい。

以前から不妊検査で行われている「ハムスターテスト」は、卵子に精子が入るかどうかを調べる検査で、この精子機能検査は、その先の段階を見極めることができるものだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *